トップページ » セラミック » IPS e.max プレス Programat の実力

IPS e.max プレス Programat の実力

emaxpress01.png

IPS e.max プレスは、異なる透明度と高い均一性を持つ、二ケイ酸リチウムガラスセラミックインゴッドです。 Ivoclar Vivadent製のプレスファーネスでプレスすることにより、高い適合精度と曲げ強度(400MPa)を持った修復物の製作が可能です。 また、高い強度がありながら、天然歯に近い摩耗性を持っているため、対合歯にやさしい素材となっています。


emaxpress02.png

IPS e.maxプレスの強度や審美性は、材料だけが持つ特性ではありません。 Ivoclar Vivadent製のプレス器 プログラマットを使用して、初めてその物性を発揮します。 プログラマットEPシリーズは、温度と圧力を自動でコントロールし、材料へのストレスを抑えます。


emaxpress03.png

HTインゴット(高透明度) 高い透明度により、特に小さな修復物(インレー、オンレー)の製作に適しています。HT修復物は天然歯に対してカメレオン効果を発揮し、 周辺の歯質と高く調和します。 MOインゴット(中不透明度) 生活歯または若干変色した支台歯上のフレーム製作に適しています。A-Dシェードに合わせ、MO0からMO4のシェードがあります。 LTインゴッド(低透明度) 透明性があり、色相に合わせてシェード付けされていますので、ステイニングやレイヤリングを最小限に抑えることができます。 HOインゴット(高不透明度)不透明性が高く、失活歯または重度に変色した支台歯のフレーム製作、メタルコアを一部カバーする場合などに 適しています。


emaxpress04.png

インパルス バリュー インゴット 天然歯のような輝きが、天然歯列中での調和を生み、歯牙のシェード調整を容易にします。 インパルス オパール インゴット オパール効果と強い強度(400PMa)を持ち、エナメル質を再生させたようなインゴットです。 審美性が高く、シンベニア修復等に適しています。 製作方法 ワックスアップを行い、ロスとワックス法を用いてインゴットをプレスします。 プレス後、ステイニング、カットバック、レイヤリングテクニックにより修復物を製作します。 ステイニング法 IPS e.max プレス単体の修復物に、ステインおよびグレースで仕上げます。 二ケイ酸リチウムの魅力である、強度(400MPa)を活かした修復物製作が可能です。 カットバック法・レイヤリング法 IPS e.maxプレスに陶材の築盛を行うことで、より高い審美性を得ることができます。 築盛には、IPS e.maxシステム構成材料の1つである、IPS e.maxセラムを使用します。

ノンクラスプデンチャー

口腔内に溶け込む色調を持つノンクラスプデンチャー。クラスプも同一素材で製作するため審美性に優れています。 ノンクラスプデンチャー

この製品の詳細はこちら

フルジルコニアクラウン、ジルコニアのオールセラミック

ノリタケKATANA フルジルコニア、レイヤリング、症例に合わせたジルコニア製品をご提案いたします。 katanafc_sum.png

ジルコニア ノリタケカタナの詳細はこちら

IPS e.max (イーマックス)プレス Programat の実力

透明感、審美性、適合性にすぐれた曲げ高強度ガラスセラミックです。

e.max プレス詳細はこちら

ノンクラスプおすすめ用
パンフレット&ポスター

ノンクラスプデンチャーポスター

「オールセラミック用」に続いて、「ノンクラスプデンチャーおすすめポスター」が新発売!!!

パンフ詳細はこちら